【音楽療育ってなぁに?】

私は、今まで定期的に福祉型保育園や養護学校、子育て支援センター等において「音楽療育」の講師を務めて参りました。「音楽療育プログラム = Special Education through Music」では、「音楽療法」と「音楽を通じた療育」を柔軟に組み合わせ、様々な分野のご専門の方々と協力し、発達障がいを持つ子ども達のそれぞれの個性や症状に合った療育プログラムを研究、実践しています。チャレンジキッズには、才能豊かで個性的な表現方法を持ち、感性が敏感な子どもが多く、「音楽」や「アート」の効果は絶大です。童謡などと共に、「分かりやすいクラシック音楽」を取り入れることで、子ども達の心の安定をはかり、子ども達の心の壁を取り除き、忍耐力や社会性を養い、子ども達の自信を育てていきます。また、リズム体操やアートを取り入れながら、チャレンジキッズそれぞれの個性を大切にクラスを作っていきます。
まだまだ無限大の可能性を持つ『音楽療育』。子ども達が音楽に触れ、成長する喜びをぜひ体験して下さい!

【それぞれのレッスンに関する簡単な詳細】
『はっち先生の音楽教室』
 

Dreams Alive Music!!
時には夢物語を信じて、きっと、夢は現実に。
Soprano&Social Artist♪ Hatsue Nakamura

 

☆支援センターでのリトミックコンサート!ピアニストのゲンちゃん先生と共に♪

 

 

 

☆現在、音楽療育コラム
「The 音楽療育!!~音楽はすべての壁を超えて』
(一般社団法人青少年自助自立支援機構)執筆中。
コンパスナビ【チャレンジキッズ】記事へ